定家小本
Last updated 7/25/2002
渋谷栄一翻字(C)(ver.1-1-1)

  

定家小本

1 「定家小本」の書名をKOHOとローマ字4文字で記した。
2 次に注釈項目を各巻ごとに0001から4桁の数字で記した。それ以外の行は0000と記した。
3 次に頁数(通し)を3桁、行数を2桁で記した。
4 「定家小本」の「みよしのゝ」歌は、KOHO000100301と表示される。
5 なお行間書き入れは、行数の次に「'」を記した。
6 ルビは< >で記した。
6 合点符号\印は、\で表した。同じく入印は、<入>で記した。
7 勅撰集等入集の書入れは< >で記した。
8 削除符号は\<削除>と記した。
9 本文の校訂記号は次の通りである。
 $(ミセケチ)・#(抹消)・+(補入)・&(ナゾリ)・=(併記)・△(不明文字)
10 作字した文字は[ ]で記した。
11 各丁の終わりには」の印と丁数とその表(オ)裏(ウ)を記した。

小本 注釈頁行 123456789012345678901234567890
(白紙)」(1オ)
KOHO000000201 大納言殿
KOHO000000202 秋の夜のをくらの山のしくるゝは
KOHO000000203 しかのたちとやもみちしぬらん
KOHO000000204 嘉応元年七月廿四日
KOHO000000205 戊寅天晴
< KOHO000000206 賀茂斎内親王式子依御悩退出」(1ウ)
KOHO000100301 みよしのゝおほかは水の
KOHO000000302 ゆほひかにあらぬ物から
KOHO000000303 なみのたつらむ
KOHO000200304 \あさことにいはみのかはの
KOHO000000305 みおたえすこひしき人に
KOHO000000306 あひみてしかな
KOHO000300307 \ゆふたすきかけても
KOHO000000308 人をたのまねとなみたは
KOHO000000309 かものかはにこそたて
KOHO000400310 \<入>世中はなそやまとなる
KOHO000000311 みなれかはみなれそめすそ
KOHO000000312 あるへかりける」(2オ)
KOHO000000401 本哥古哥
KOHO000500402 いつらにかやとりとるらん
KOHO000000403 あさひこのさすやをか
KOHO000000404 へのたまさゝのうへ
KOHO000600405 \浪にのみぬれつるものを
KOHO000000406 吹風のたよりうれしき
KOHO000000407 あまのつり舟
KOHO000700408 <入>あさりするよさのあま人
KOHO000000409 ほこるらし浦風ぬるみ
KOHO000000410 かすみわたれり
KOHO000800411 またよゐにうちきてたゝく
KOHO000000412 くひな哉たかゝとさして
KOHO000000413 いれぬなるらん」(2ウ)
(白紙)」(3オ)
KOHO000900601 ねになきてよるはなく
KOHO000000602 てふうきかものわかみかく
KOHO000000603 れにとひもきなゝむ
KOHO001000604 \ほり江こくたなゝし
KOHO000000605 をふねこきかへりおなし
KOHO000000606 人のみおもほゆるかな
KOHO001100607 \なにこともいはれさり
KOHO000000608 けりみつのうへにおひたる
KOHO000000609 あしのねのみなかれて
KOHO001200610 なとりかはいくせかわたる
KOHO000000611 なゝせともやせともしらす
KOHO000000612 よるしわたれは」(3ウ)
KOHO001300701 あちかものしほつをさして
KOHO000000702 ゆくふねのいひてしことは
KOHO000000703 あはさらめやは
KOHO001400704 \<入>いとへとも猶すみのえのうら
KOHO000000705 にほすあみのめしけき
KOHO000000706 こひもするかな
KOHO001500707 <入>あつさゆみひきつのつなる
KOHO000000708 なのりそのたれうき物と
KOHO000000709 しらせそめけん
KOHO001600710 うたかたをおもへはかなし
KOHO000000711 世中をたれうき物としらせ
KOHO000000712 そめけけん」(4オ)
KOHO001700801 \なとりかは(なとりかは$しらなみ)たちさはく
KOHO000000802 ともこりすまのうらのみるめは
KOHO000000803 からむとそおもふ
KOHO001800804 \わたのそこかつきてしらむ
KOHO000000805 ひとしれすおもふこゝろのふか
KOHO000000806 さくらへに
KOHO001900807 たちまなるゆきのしらやま
KOHO000000808 もろよせにとおもひし物を
KOHO000000809 人のみやみむ
KOHO002000810 \<入>いはみかたうらみそふかき
KOHO000000811 をきつなみよするたまもに
KOHO000000812 うつもるゝみは
KOHO002100813 <入>あさな/\あまのさほさす
KOHO000000814 うらふかみをよはぬこひも」(4ウ)
KOHO000000901 われはするかな
KOHO002200902 すみよしのきしのまつね
KOHO000000903 をうちさらしきよする
KOHO000000904 なみのおとのさやけさ
KOHO002300905 あふことはならしのいけの
KOHO000000906 みつなれやたえみたえすみ
KOHO000000907 としのへぬらむ
KOHO002400908 \<入>きみゝすてほとのふるやの
KOHO000000909 ひさしにはあふことなしの
KOHO000000910 くさそおひける
KOHO002500911 \<入>時はなるまつにかゝれる
KOHO000000912 こけなれはとしのをなかき
KOHO000000913 しるへとそおもふ」(5オ)
KOHO002601001 <後撰歟>\なつむしのしる/\まとふ
KOHO000001002 おもひをはこりぬかなしと
KOHO000001003 たれかみさらん
KOHO002701004 \<入>きみしのふくさにやつるゝ
KOHO000001005 ふるさとはまつむしのねそ
KOHO000001006 かなしかりける
KOHO002801007 あすかゝはなゝせのよとにすむ
KOHO000001008 ちとり心あれはこそなみた
KOHO000001009 さしくめ
KOHO002901010 かせによるなみのいそには
KOHO000001011 うくひすの春もえしらぬ
KOHO000001012 はなのみそさく
KOHO003001013 ことてしていはゝゆゝしみ」(5ウ)
KOHO000001101 あさかほのほにはさきいてゝ
KOHO000001102 こひをするかも
KOHO003101103 すまのあまのこれるしほき
KOHO000001104 もゆれとも人にしられぬ
KOHO000001105 わかこひならむ
KOHO003201106 きみこふとしなへうらふれ
KOHO000001107 わかをれはあきかせふきて
KOHO000001108 月かたふくを
KOHO003301109 もみちはのちりのまよひに
KOHO000001110 いゑゐしていさへそなかきいも
KOHO000001111 としねゝは
KOHO003401112 あしかきに月はのほりぬいて
KOHO000001113 こ/\そのいゑのむすめ物かた
KOHO000001114 りせむ」(6オ)
KOHO003501201 <雑>\世中をおもひしれらむ人
KOHO000001202 もかなあきのよひとよ物か
KOHO000001203 たりせむ
KOHO003601204 きみをのみおきふしまち
KOHO000001205 の月かけはやちよもこゝに
KOHO000001206 ありあけをせよ
KOHO003701207 <雑>\みさこゐるあらいそなみに
KOHO000001208 そてぬらしたかためひろふ
KOHO000001209 いけるかひそも
KOHO003801210 \<古今>これをたにおもふことゝて
KOHO000001211 わかやとをみきとなかけそ
KOHO000001212 人のきかくに
KOHO003901213 あしのやのこやのしのやの」(6ウ)
KOHO000001301 しのひにもいな/\まろは
KOHO000001302 人のつまなり
KOHO004001303 おほふねのとまるみな
KOHO000001304 とのたゆたひに物おもひや
KOHO000001305 せぬ人のこゆへに
KOHO004101306 \<入>あた人のおこつりさをの
KOHO000001307 あやうさにうけひくことの
KOHO000001308 かたくもあるかな
KOHO004201309 あた人はしたくつれゆく
KOHO000001310 きしなれやおもふといへと
KOHO000001311 あやうふかりけり
KOHO004301312 \<削除>うたかたもおもふとすれと
KOHO000001313 世中をたれうきものと
KOHO000001314 しらせそめけん」(7オ)
KOHO004401401 \いまさらにとふへき人も
KOHO000001402 おもほえすやへむくらして
KOHO000001403 かとさせりてへ
KOHO004501404 \<旅>ゆふきりにころもはぬれて
KOHO000001405 くさまくらたひねする
KOHO000001406 ゆへあはぬきみかも
KOHO004601407 あけかたのとやまのくもは
KOHO000001408 いとはれてかへりしほとは
KOHO000001409 わひしかりきや
KOHO004701410 すみよしのまつにたち
KOHO000001411 よるしらなみのかへる時にや
KOHO000001412 ねをはなくらむ」(7ウ)
KOHO004801501 もみちはもしくれもつらし
KOHO000001502 まれにきてかへらむ人を
KOHO000001503 ふりやとゝめぬ
KOHO004901504 いかてなをなきなすゝ
KOHO000001505 かむあしかものさはく
KOHO000001506 いりえはみつもにこれり
KOHO005001507 いまよりはなもおし
KOHO000001508 けくもわれはなしいもに
KOHO000001509 よりてはちよにたつとも
KOHO005101510 かさすともたちとたちにし
KOHO000001511 わかなにはことなしくさの
KOHO000001512 かひやなからむ
KOHO005201513 \この世にてきみをみるめの
KOHO000001514 かたからはこむよのあまと
KOHO000001515 なりてかつかむ」(8オ)
KOHO005301601 のちつゐにあはすもなり
KOHO000001602 ねいもをゝきてつまはさた
KOHO000001603 めしこひはしぬとも
KOHO005401604 \たまのをのたえてみし
KOHO000001605 かきなつのよのよはになる
KOHO000001606 まてまつ人のこぬ
KOHO005501607 \あはれてふことをゝにして
KOHO000001608 ぬくたまはあはてしのふる
KOHO000001609 なみたなりけり
KOHO005601610 \くれなゐのこそめのころも
KOHO000001611 したにきてうへにとり
KOHO000001612 きはしるからむかも
KOHO005701613 <後撰>いせのうみのちひろのはまに
KOHO000001614 ひろふともいまはかひなく」(8ウ)
KOHO000001701 おもほゆるかな
KOHO005801702 \猶きたれあまのぬれきぬ
KOHO000001703 われほさむよそふる人の
KOHO000001704 にくからなくに
KOHO005901705 \<入>ひとりねのとこにたまれる
KOHO000001706 なみたにはいしのまくらも
KOHO000001707 うきぬへらなり
KOHO006001708 \<入>ふしておもふおきても
KOHO000001709 おもふくれなゐのあかもたれ
KOHO000001710 ひきいにしすかたを
KOHO006101711 \<入><春部>さをひめのおもかけさらす
KOHO000001712 をるはたをかすみたち
KOHO000001713 きる春のゝへかな」(9オ)
KOHO006201801 \世中にたえていつはりなかり
KOHO000001802 せはたのみぬへくもみゆる
KOHO000001803 たまつさ
KOHO006301804 さよなかのねさめ/\に
KOHO000001805 おきゐつゝかへすころもの
KOHO000001806 うらふりぬるも
KOHO006401807 \<入>むつのをの(△△&をの)よりめことにそ
KOHO000001808 かはにほふひくを(△&を)とめこか
KOHO000001809 そてやふれつる
KOHO006501810 \<入>いへはえにふかくかなしき
KOHO000001811 ふえたけのよこゑやたれと
KOHO000001812 とふ(△△&とふ)人も(も+か)な
KOHO006601813 いまこんといひしはかりに」(9ウ)
KOHO000001901 かけられて人のつらさのか
KOHO000001902 すはしりにき
KOHO006701903 \もゝちとりなく時あれと
KOHO000001904 きみをのみこふるわかねは
KOHO000001905 いつとわかれす
KOHO006801906 \<秋>なをさりにあきのゝやまを
KOHO000001907 わけゆけはにしきを
KOHO000001908 きぬにきぬ人そなき
KOHO006901909 \<入><雑>あさなけに世のうき
KOHO000001910 ことをしのふとてなけき
KOHO000001911 せしまにとしそへにける
KOHO007001912 \ありしたにうかりし物を
KOHO000001913 あかす(△△&かす)とていつこにそふる
KOHO000001914 つらさなるらむ」(10オ)
KOHO007102001 \うきなからきえせぬあはと
KOHO000002002 なりなゝむなかれてとたに
KOHO000002003 たのまれなくに
KOHO007202004 あはれをはなけのことはと
KOHO000002005 いひなからおもはぬ人に
KOHO000002006 かくる物かは
KOHO007302007 こゝろなきくさきなれと
KOHO000002008 もあはれとそ物おもふ時
KOHO000002009 のめにはみえける
KOHO007402010 あひおもはぬ人をゝもふそ
KOHO000002011 やまひなるなにかあり
KOHO000002012 まのゆへもゆくへき」(10ウ)
KOHO007502101 \くさもきもふけはかれゆく
KOHO000002102 あきかせにさきのみまさる
KOHO000002103 物おもひの花
KOHO007602104 \みてもおもひみすてもおもふ
KOHO000002105 おほかたはわか身ひとつの
KOHO000002106 物おもひのやま
KOHO007702107 \<入>たちよらはかけふむ
KOHO000002108 はかりちかけれとあひみぬ
KOHO000002109 せきをたれかすへけん
KOHO007802110 いつみなるしのたのもりの
KOHO000002111 くすのきのちえにわかれて
KOHO000002112 物をこそおもへ
KOHO007902113 \<入>つらきをもいはてのやま(△△&やま)の
KOHO000002114 たにゝおふるくさのたもとそ
KOHO000002115 つゆけかりける」(11オ)
KOHO008002201 \<入>いその神ふるのやしろの
KOHO000002202 すきむらのおもひすくへき
KOHO000002203 きみならなくに
KOHO008102204 いにしへのゝなかふるみち
KOHO000002205 あらためはあらためられよ
KOHO000002206 の中ふるみち
KOHO008202207 このめはる/\のあらたを
KOHO000002208 うちかへしおもひやみにし
KOHO000002209 人そこひしき
KOHO008302210 あつまちのむまや/\と
KOHO000002211 かそへつゝあふ日のちかく
KOHO000002212 なるそうれしき
KOHO008402213 あしひきのやまのさくらの」(11ウ)
KOHO000002301 いろみてそをちかた人も
KOHO000002302 たねはまきける
KOHO008502303 ひとりして物をそおもふ
KOHO000002304 あきのたのいなはのそよと
KOHO000002305 いふ人もなし
KOHO008602306 にはくさにうつらすむ
KOHO000002307 まてはらはすはこたかてに
KOHO000002308 すへこむ人のため
KOHO008702309 かりにてもすへしとそおもふ
KOHO000002310 はしたかのすゝろなるなの
KOHO000002311 たちもこそすれ
KOHO008802312 <入>いてはなるあねはのせきの
KOHO000002313 なみたかはなかれても
KOHO000002314 こむみつやにこると」(12オ)
KOHO008902401 \\<削除>わかさなるのちせのやまのゝ
KOHO000002402 ちもあはむわかおもふいもに
KOHO000002403 けふならすとも
KOHO009002404 たんはちのおほえのやまの
KOHO000002405 たまかつらたえん心はわか
KOHO000002406 おもはなくに
KOHO009102407 \\<削除>たちまなるゆきのしら
KOHO000002408 はまもろやとにとおもひし
KOHO000002409 物を人のとやみむ
KOHO009202410 すはうなるいはくにやまを
KOHO000002411 こえむひはたむけよくせよ
KOHO000002412 あらしそのやま」(12ウ)
KOHO009302501 \\<削除>わかためにつらきこゝろを
KOHO000002502 おほすみのけしきのもりの
KOHO000002503 さもしるきかな
KOHO009402504 \<入>いつみなるひねのこほりの
KOHO000002505 ひねもすにこひてくらす
KOHO000002506 とき(き+み)はしらしな
KOHO009502507 きみかためいのちかひへそ
KOHO000002508 われはゆくつるのこほりに
KOHO000002509 よはひうるなり
KOHO009602510 おほはらのふりにしさとに
KOHO000002511 君をゝきてわれいねかねつ
KOHO000002512 ゆめにみえたへ
KOHO009702513 \いもかゝとゆきすきかねつひち
KOHO000002514 かさのあめもふらなんあまか
KOHO000002515 くれせん」(13オ)
KOHO009802601 \<秋>ちゝのいろにうつりしあきは
KOHO000002602 すきにけりけふのしくれに
KOHO000002603 なにをそめまし
KOHO009902604 \<秋>あくるまてをきゐるきく
KOHO000002605 のしらつゆはかりのよをゝもふ
KOHO000002606 なみたなるへし
KOHO010002607 このはちるあきのしつくに
KOHO000002608 そほちつゝしかのたひね
KOHO000002609 によひ/\そなく
KOHO010102610 やまかつのなけきこりつむ
KOHO000002611 いほりにはかすみやきつゝけふり
KOHO000002612 ともなる
KOHO010202613 \<冬>しもくもりするにやあらむ
KOHO000002614 ひさかたのよわたる月の」(13ウ)
KOHO000002701 みえすとおもへは
KOHO010302702 \<入>なにはえのこやによふけて
KOHO000002703 あまかたくしのひにたにも
KOHO000002704 あふよしもかな
KOHO010402705 \かれぬ身をもゆときくとも
KOHO000002706 いかゝせむけ(△&け)ちこそしらね
KOHO000002707 みつならぬ身は
KOHO010502708 ちはやふる神にもあらぬ
KOHO000002709 わか中のくもゐはるかになり
KOHO000002710 もゆくかな
KOHO010602711 \<入><春>とふ人もなきやとなれと
KOHO000002712 くる春はやへむくらにも
KOHO000002713 さはらさりけり」14オ)
KOHO010702801 世とゝもにとりのあみはる
KOHO000002802 やとなれはみはかゝらむとくる
KOHO000002803 人もなし
KOHO010802804 \<秋>やへむくらしけきやとには
KOHO000002805 まつむしのこゑよりほかに
KOHO000002806 とふ人もなし
KOHO010902807 \ちはやふる神のいかきもこ
KOHO000002808 ゆる身はくさのとさしになに
KOHO000002809 かさはらむ
KOHO011002810 ふしてぬるとこめつらなる君
KOHO000002811 なれはいましもあへる心ちこそ
KOHO000002812 すれ」(14ウ)
KOHO011102901 ゆめならてあふことかたき
KOHO000002902 わか中はおほかたとこをゝ
KOHO000002903 きすやあらまし
KOHO011202904 けさのとこつゆをきなから
KOHO000002905 かなしきはあかぬゆめちを
KOHO000002906 こふるなりけり
KOHO011302907 いたつらにおいにけるかな
KOHO000002908 たかさこのまつやわか身の
KOHO000002909 はてはかたらむ
KOHO011402910 おいつもるまつをひろひて
KOHO000002911 としふれはをいのつもりと人や
KOHO000002912 みるらむ
KOHO011502913 きみこふといねぬあさけに
KOHO000002914 たかのれるこまのあしおと
KOHO000002915 われにきかする」(15オ)
KOHO011603001 \かきこしにむきはむこ
KOHO000003002 まのはつ/\にみてもみかたき
KOHO000003003 きみにもあるかな
KOHO011703004 \ひさかたのつきけのこまを
KOHO000003005 うちはやめきぬらむとのみ
KOHO000003006 きみをまつかな
KOHO011803007 しらかはゝたましけりとも
KOHO000003008 みえなくにくものはやし
KOHO000003009 をあらしつるかな
KOHO011903010 はる/\とちさとのほとを
KOHO000003011 へたてゝはまれのつかひも
KOHO000003012 うれしかりけり
KOHO012003013 たゝこゝにきみかきまさぬ」(15ウ)
KOHO000003101 すみそめのたそかれ時に
KOHO000003102 そのすかたみゆ
KOHO012103103 やまさとにいりなむとする
KOHO000003104 月みつゝわれはとなからあらん
KOHO000003105 とやする
KOHO012203106 ふるかはのそこのこひちに
KOHO000003107 ありときくかめのこふとも
KOHO000003108 しらせてしかな
KOHO012303109 おほゐかはゐせきに
KOHO000003110 ふせるかめやまのいのちの
KOHO000003111 かきり君とあらはや
KOHO012403112 いせのうみにつりするあまの
KOHO000003113 いをゝなみうけもひかれぬ
KOHO000003114 こひもするかな」(16オ)
KOHO012503201 \<秋>なにゝきくいろそめかへし
KOHO000003202 にほふらむ花もてはやす
KOHO000003203 きみもこなくに
KOHO012603204 \<秋>わきもこかひもゆふくれの
KOHO000003205 きくの花あかすそはなの
KOHO000003206 いろもみえける
KOHO012703207 \<入>あふことをいつかそのひと
KOHO000003208 まつのきのこけのみたれて
KOHO000003209 こふるこのころ
KOHO012803210 こひしくはいかにせよとて
KOHO000003211 かくはかりあたなる花の
KOHO000003212 もとにねぬらむ
KOHO012903213 かせふけはなみこすいその」(16ウ)
KOHO000003301 そなれまつねにあらはれて
KOHO000003302 なきぬへらなり
KOHO013003303 \<春>もゝちとりこつたひちら
KOHO000003304 すさくら花いつれのはるか
KOHO000003305 きつゝみさらむ
KOHO013103306 みる人もなき山さとの
KOHO000003307 さくら花ほかのちりなむ
KOHO000003308 のちそさかまし
KOHO013203309 とも/\とおもひきつれとかり
KOHO000003310 かねはをなしさとへもかへら
KOHO000003311 さりける
KOHO013303312 \たち花のはなちるさとの
KOHO000003313 ほとゝきすかたこひしつゝ
KOHO000003314 なかね日そなき」(17オ)
KOHO013403401 きみにゝるくさとみし
KOHO000003402 よりわかしめしのやまの
KOHO000003403 あさち人なかりそね
KOHO013503404 \<入>あしわかのうらにきよする
KOHO000003405 しらなみのしらしな君は
KOHO000003406 われおもふとも
KOHO013603407 をとにきく人に心を
KOHO000003408 つくはねのみねとも物を
KOHO000003409 おもふはやきみ
KOHO013703410 なけきつゝよをやつく
KOHO000003411 さむたかさこのまつのとき
KOHO000003412 はに心ありとも」(17ウ)
KOHO013803501 おほつかなゆめかうつゝかゝけ
KOHO000003502 ろふのほのめくよりも
KOHO000003503 はかなかりしか
KOHO013903504 人しれすわれとなきて
KOHO000003505 もとしふれはうくひ(ひ+す)のねも
KOHO000003506 物とやはきく
KOHO014003507 \<入>こひしさのかきりたに
KOHO000003508 あるよなりせはとしへて
KOHO000003509 物をおもはさらまし
KOHO014103510 \みちのへのおはなかもとの
KOHO000003511 おもひくさいまさへなにの
KOHO000003512 物かおもはむ」(18オ)
KOHO014203601 きてとはぬきみをやね
KOHO000003602 たくやまふきのいやはや
KOHO000003603 花のみまほしみせん
KOHO014303604 なそやあやなつれなき
KOHO000003605 人をおもふらむわれのみ
KOHO000003606 ふしの山ともえつゝ
KOHO000003607 平貞文
KOHO014403608 \<入>もゝしきにあまたの
KOHO000003609 そてはみえしかとわきて
KOHO000003610 おもひのいろそこひしき
KOHO014503611 おもひいてゝいはぬはかりそ
KOHO000003612 みなせかはしたにかよひ
KOHO000003613 てこひしき物を」(18ウ)
KOHO014603701 むしのことこゑにたてゝは
KOHO000003702 なかねともなみたのみこそ
KOHO000003703 したになかるれ
KOHO014703704 さをしかのをのゝくさふし
KOHO000003705 いちしろくわれはとはぬに
KOHO000003706 人のしるらく
KOHO014803707 あきなれはやまとよむ
KOHO000003708 まてなくしかにわれおとら
KOHO000003709 めやひとりぬるよは
KOHO014903710 ありけめとしらすそあり
KOHO000003711 けるほとゝきすなく/\き
KOHO000003712 つるこゑのまきれに」(19オ)
KOHO015003801 \<入>くれたけのしけくも
KOHO000003802 物をおもふかなひとよへ
KOHO000003803 たつるふしのつらさに
KOHO015103804 ちかけれとあふみのうみに
KOHO000003805 かゝりくるみるめもおひぬ
KOHO000003806 なかやなになり
KOHO015203807 神さふとゆるさすは
KOHO000003808 あらし秋くさのむすひし
KOHO000003809 ひもをとくはかなしも
KOHO015303810 おもふとちあるたに秋は
KOHO000003811 わひしきにくさのかれ/\
KOHO000003812 なるそかなしき」(19ウ)
KOHO015403901 しもかれののへをはうしと
KOHO000003902 おもへはやふゆのゝくさは
KOHO000003903 人のかるらむ
KOHO015503904 猶さりにいふきのやまの
KOHO000003905 さしもくささしもおも
KOHO000003906 はぬこと(と+に)やはあらぬ
KOHO015603907 しもつけやしめちか
KOHO000003908 はらのさしもくさをの
KOHO000003909 かおもひに身をやゝくらむ
KOHO015703910 \くれなゐのあさはのゝら
KOHO000003911 にかるくさのつかのあひたも
KOHO000003912 われわすれめや」(20オ)
(白紙)」(20ウ)
KOHO015804101 明石 商人之中ヲ
KOHO000004102 [言+黨]<タウ)>言進<スゝム>市<ニ>有<アレハ>邪<シヤ>
KOHO000004103 則糺<タゝス>本文也
KOHO000004103' 不可用歟
KOHO015904104 其駒そやわれに/\
KOHO000004105 くさこふ草はとりかはむ
KOHO000004106 みつはとり くさはとりかはむ」(21オ)
KOHO016004201 なかめかしは
KOHO016104202 はことり
KOHO016204203 かほとり
KOHO016304204 はたつもり
KOHO016404205 山ちさ
KOHO016504206 さねき
KOHO016604207 たゝこれ西にゆくなりと
KOHO000004208 ひとりこち給てと
KOHO000004209 幾行南去雁
KOHO000004210 此事難用」21ウ)
KOHO000004301 唯是西行不左遷
KOHO000004302 菅家御作
KOHO016704303 天慶六年七月廿六日
KOHO000004304 兵部卿三品元良親王薨 五十六
KOHO000004305 陽成第一
KOHO000004306 <三月七日>
KOHO016804306' 同年権中納権従三位
KOHO000004307 敦忠卿薨年卅八
KOHO000004308 左大臣時平三男
KOHO000004309 天姿警俊妙解音律
KOHO000004310 博習先帝和琴当時
KOHO000004311 称妙吹笛弾琵琶皆
KOHO000004312 詳声韻去二月七日
KOHO000004313 為解雷鳴陣参入」(22オ)
KOHO000004401 其日覚体有異
KOHO000004402 後病月余而薨
KOHO016904403 四月九日
KOHO000004404 蔵人頭右大弁従四位下
KOHO000004405 源相職年卅三
KOHO000004406 中納言当時五男
KOHO000004407 少入学従文章生
KOHO000004408 任刑部丞為先朝
KOHO000004409 蔵人遷式部丞
KOHO000004410 延長八年叙五位」(22ウ)
KOHO000004501 於為加賀守秩満任
KOHO000004502 権右少弁兼勘解
KOHO000004503 次官後補蔵人
KOHO000004504 左少弁兼内蔵頭
KOHO000004505 天慶 年四位
KOHO000004506 去年任右大弁
KOHO000004507 与左中将師氏補頭
KOHO000004508 内為 臣外歴弁
KOHO000004509 官蒙太政大臣寵
KOHO000004510 遇天下機務莫不
KOHO000004511 預知権過公卿」(23オ)
KOHO000004601 其理劇務練政体
KOHO000004602 有幹事之才但恒
KOHO000004603 [心+乍]多猶忌驕慢
KOHO000004604 軽人禍福従
KOHO000004605 好悪時人
KOHO000004606 以是不詳
KOHO000004607 去廿九日季御読経
KOHO000004608 結願行香之間受
KOHO000004609 病旬日而終」(23ウ)
(白紙)」24オ)
KOHO017004801 逍遥観<北魏文帝/登望嵯峨山>
KOHO017104802 [人+去]<内典有/[人+去]王/墟迦反>[人+襄]<如羊反>
KOHO017204803 にほとりのおきなか河のたえぬとも
KOHO000004804 きみにかたらふ事つきめやは
KOHO017304805 ねぬなはのくるしかるらんきみよりも
KOHO000004806 我そますたの池るかひなき」(24ウ)
KOHO017404901 波羅奈王之太子其
KOHO000004902 名休魄容端正生而
KOHO000004903 十三年不言人不聞
KOHO000004904 声諸臣婆羅門
KOHO000004905 道土等誹謗地下
KOHO000004906 作城欲埋之時大臣
KOHO000004907 伏其車前重悲此
KOHO000004908 事太子云我当(当$将)不
KOHO000004909 言生而欲埋将言
KOHO000004910 怖入地獄自全身
KOHO000004911 不害欲救魂脱苦」(25オ)
KOHO000005001 謗我不言者皆欲成
KOHO000005002 聾盲干時国王夫人
KOHO000005003 乗象車行迎太子
KOHO000005004 太子曰我昔先身
KOHO000005005 為国王以聖道 治国
KOHO000005006 有所過堕地獄六万
KOHO000005007 余歳苦難忍我怖
KOHO000005008 地獄故巻舌不言
KOHO000005009 遂請出家父母聞之
KOHO000005010 許之入深山求道命
KOHO000005011 終生兜率天」(25ウ)
KOHO000005101 太子釈迦如来也
KOHO017505102 菅家後集
KOHO000005103 我為遷客汝来賓
KOHO000005104 共是蕭々旅漂身
KOHO000005105 [奇+欠]枕思量帰去日
KOHO000005106 我知何歳汝明春
KOHO017605107 胡馬嘶北風
KOHO017705108 崇タゝリ」(26オ)
(白紙)」(26ウ)

inserted by FC2 system