定家自筆本図録集First updated 9/8/2002


更新9/18/2007


渋谷栄一翻字(C)

定家自筆図録集


凡例
1 本集は、古書目録や展示図録等に掲載されている定家自筆本の資料について収録した。
2 まず、作品名をアルファベット4文字で記し、次に題詞及び和歌の途中行は0000とし、和歌の冒頭には0001からそれぞれ4桁の数字で記した。なお、「新編国歌大観本」に他諸本が掲載されているものについては、その歌番号を参考にした。
3 次に冊子本の場合には頁数は3桁、行数は2桁で、また巻子本の場合等は行数5桁で記し、字数は2桁で記した。
4 本文の校訂記号は次の通りである。
 $(ミセケチ)・#(抹消)・+(補入)・&(ナゾリ)・=(併記)・△(不明文字)
5 頭注や行間注記は< >で記した。
6 各丁の終わりには」の印と丁数とその表(オ)裏(ウ)を記した。

T001「興風集」(「玉英堂稀覯本書目」1999年5月/第248号)
T002「土御門院御百首」(「玉英堂稀覯本書目」1999年5月/第248号)
T003「詠十五首和謌」(前田育徳会展示室 開館記念名宝展 1983年 石川県立美術館所収)

T001「興風集」(「玉英堂稀覯本書目」1999年5月/第248号)
作品 歌頁行 12345678901234567890字
OKIK000000101 寛平御時中宮哥合
OKIK000100102 春風はゝなのあたりをよきてふけ
OKIK000000103 心つからやうつろふとみむ
OKIK000200104 さくらはなちくさなからにあたなれと
OKIK000000105 たれかはゝるをうらみはてつる
OKIK000300106 はなかすみいろのちくさにみえつるは
OKIK000000107 たなひく山のはなのかけかも<かくらノ宮の本にあり>
OKIK000400108 うゑたえすなけやうくひすひとゝせに
OKIK000000109 ふたゝひとたにくへきはるかは」1オ
OKIK000500201 ちきりけむこゝろそつらきたなはたの
OKIK000000202 としにひとたひあふはあふかは
OKIK000600203 しらなみに秋のこのはのうかへるをあまのなか
OKIK000000204 せるふねとかとそみる
OKIK000700205 うらちかくふりくるゆきはしらなみの
OKIK000000206 すゑのまつ山こするかとそみる
OKIK000800207 きみこふるなみたのとこにみちぬれは
OKIK000000208 みをつくしとそ我はちりぬる
OKIK000900209 しぬるいのちいきもやするとこゝろみに
OKIK000000210 たまのをはかりあひみてしかな」1ウ
OKIK000000301  おなし御時にうたゝてまつれとおほ
OKIK000000302  せられけれはたつたかはもみち
OKIK000000303  はなかるといふうたかきてのちに
OKIK000000304  おなし心を
OKIK001000305 みやまよりおちくるみつのいろ見てそ
OKIK000000306 あきはかきりとおもひしりぬる
OKIK001100307 おるからにわかなはたちぬおみなへし
OKIK000000308 いさおなしくはゝなとみむ
OKIK001200309 あきのゝつゆにおかるゝおみなへし」2オ
OKIK000000401 はらふ人なみぬれつゝやふる
OKIK001300402 おみなへしはなのころのあたなれは
OKIK000000403 あきにのみこそあひわたりけれ
OKIK000000404  さたやそのあそんのさいねの五十
OKIK000000405  の賀たてまつりたるたまうける
OKIK000000406  とよの御屏風のゑにさくらの
OKIK000000407  はなみたるところに
OKIK001400408 いたつらにすくする月日はおほかれと
OKIK000000409 はなみてくらすはなそすくへき」2ウ

OKIK004600801 なきわひてみをうつせみとなりぬれは
OKIK000000802 うらむることもいまそきこえぬ
OKIK004700803 わひぬれはしひてわすれむとおもへとも
OKIK000000804 ゆめてふものそひとたのめなる
OKIK004800805 うきてぬるかものうはけにおくしもの
OKIK000000806 きえてものおもふころにもあるかな
OKIK004900807 こほれてもあれはたとへてなくさめし
OKIK000000808 なからのはしもいまはきこえす
OKIK005000809 こひしきにみもなけつへしなくさむる
OKIK000000810 ことにしたかふころならねは」4ウ
OKIK005100901 みはすてつ心をたにもうしなはし
OKIK000000902 つひにはいかゝなるやとをみむ
OKIK005200903 たれをかもしる人にせむいにしへの
OKIK000000904 まつもむかしのときならなくに
OKIK005300905 うくひすはあさむかるらんしらゆきの
OKIK000000906 はなとみゆまてえたにふれゝは
OKIK005400907 あきふくはいかなるいろの風なれは
OKIK000000907 みにしむはかりあはれなるらん
OKIK005500908 つねのあきはくさのはにおくつゆを
OKIK000000909 ことしはそてにのうへにみるかな」5オ
OKIK005601001 はるかすみたなひく山のわかなにも
OKIK000001002 なりみてしかなひともつむやと
OKIK005701003 こゑたえすなけやうくひすひとゝせに
OKIK000001004 ふたゝひとたにくへきはるかは
OKIK005801005 おるからにわかなはたちぬおみなへし
OKIK000001006 いさおなしくはたちよりてみむ
OKIK005901007 わかこひをしらむとならはたこのうらに
OKIK000001008 たつらんなみのかすをかそへよ
OKIK006001009 おもひにはきゆるものそとしりなから」5ウ
OKIK000001101 けさしもなにゝ物すてきつらん
OKIK006101102 なにかそのなのたつことのをしからむ
OKIK000001103 しりてまとふはわれひとりかは
OKIK006201104 このはちるうらになみたつあきなれは
OKIK000001105 もみちにはなもさきましりけり
OKIK006301106 しほのよるあとふみとむるはまちとり
OKIK000001107 ゆくゑもなしとなにのみそする
OKIK006401108 うらちかくふりくるゆきはしらなみの
OKIK000001109 すゑのまつ山こすかとそみる」6オ

T002「土御門院御百首」(「玉英堂稀覯本書目」1999年5月/第248号)
作品 歌頁行 12345678901234567890字
TUTI000000101 土御門院御百首
TUTI000000102 春廿首
TUTI000100103 朝明のかすみの衣ほしそめて
TUTI000000104 春立なるゝ天の香久山
TUTI000000104' <可見本哥之心姿詞難及真実殊勝暮目候>
TUTI000200105 <子日>しらゆきの消あへぬ野への小松原
TUTI000000106 ひく手に春の色は見へけり
TUTI000000106' <義理相叶詞華麗珍重候>
TUTI000300107 <霞>白浪の跡こそ見へねあまの原
TUTI000000108 かすみの浦にかへるつりふね
TUTI000000108' <下句殊勝花麗候>
TUTI000400109 <鴬>雪のうちに春はありともつけなくに
TUTI000000110 まつしるものはうくひすのこゑ
TUTI000500111 <若菜>たかための若菜ならねと我しめし」1オ
TUTI000000201 野さはの水に袖はぬれつゝ
TUTI000600202 <残雪>埋木の春の物にやのこるらむ
TUTI000000203 あさ日かくれの谷のしらゆき
TUTI000000203' <多の人の埋木詠/\になと此心は候はさりけるそ>
TUTI000700204 梅かえも誰かたもとをかちきるらん
TUTI000000205 をなし軒はの春の夕かせ
TUTI000000205' <無対難但詠普通当世之作歟>
TUTI000800206 <柳>鴬のよるといふなる岩橋の
TUTI000000207 かつらき山になひく青柳
TUTI000900208 <早蕨>あさ緑苔のうへなるさ蕨の
TUTI000000209 もゆる春日を野へにくらしつ
TUTI001000210 見わさせは松もまはらになりにけり
TUTI000000211 遠山さくら咲にけらしも」1ウ
TUTI000000301' <如法秀△△>
TUTI001100301 <春雨>うくひすのつたふ木のめも春雨の
TUTI000000302 ふるすをこふる声そ物うき
TUTI000000302' <ありかたく候>
TUTI001200303 難波江やまはらに見えし蘆のはも
TUTI000000304 めくめはやかて駒そすさむる
TUTI000000304' <此詞こそ神妙に候へ>
TUTI001300305 御芳野や花にわかるゝ雁かねも
TUTI000000306 いかなるかたへよるとなくらむ
TUTI000000306' <おもしろく候>
TUTI001400307 <喚子鳥>巻向の桧原(原+の)や(や$)山のよふこ鳥
TUTI000000308 春の夜すからきく人もなし
TUTI000000308' <以外詞心候事仍候此作侍不当大方不覚>
TUTI001500309 <苗代>氷とけし山の渡をせきかけて
TUTI000000310 なはしろ水にさゝ浪そたつ
TUTI000000310' <此外ゝを旅にて>
TUTI001600311 <菫>すみれつむ春の野原のゆかりあれは
TUTI000000312 うす紫に袖やぬれなむ」2オ
TUTI001700401 <杜若>春風の池ふきはらふ浪の上に
TUTI000000402 をのれかけそふかきつはたかな
TUTI001800403 <藤>此比は田子の藤浪なみかけて
TUTI000000404 ゆく手にかはす袖やぬれなむ
TUTI001900405 <款冬>浪かくる井手の山ふき咲しより
TUTI000000406 おられぬ水にかわつ鳴なり
TUTI002000407 <三月尽>芳野川かへらぬ春もけふはかり
TUTI000000408 花のしからみかけてたにせけ
TUTI000000409 夏十五首
TUTI002100410 昨日まてなれしたもとの花のかに
TUTI000000411 かへまくおしき夏衣かな」2ウ
TUTI002200501 <卯花>月日へてうつれはかはる詠かな
TUTI000000502 さくらはちりぬ庭の卯花
TUTI002300503 <葵>あふひ草かけてそあふく神山の
TUTI000000504 みねの朝日のくもりなけれは
TUTI002400505 <郭公>時鳥なくや卯月のしのふ草
TUTI000000506 しのひ/\に古里のこゑ
TUTI000000506' <詞姿神妙候>
TUTI002500507 夏の池の汀のあやめ打なひき
TUTI000000508 吹風ことそさゝ浪そたつ
TUTI002600509 さなへとる伏見の里に雨過て
TUTI000000510 むかひの山にくもそかゝれる
TUTI000000510' <此向之山はいかゝ候事そ是なと詠候へき
TUTI000000510' 人々誰をおほえし物は不当無礼>」3オ
TUTI002700601 <照射>ともしする葉山か末に立鹿は
TUTI000000602 なかぬ比たに露そこほるゝ
TUTI002800603 <五月雨>飛鳥川淵瀬もえやはわきもこか
TUTI000000604 うちたれかみの五月雨の比
TUTI002900605 <[木+廬]橘>雨おもき軒の橘露ちりて
TUTI000000606 むかしをしのふ空のうきくも
TUTI003000607 <蛍>夏の夜は我すむ方のいさり火の
TUTI000000608 それとも見えす飛蛍かな
TUTI003100609 <蚊遣火>夏になれはふせやにくゆる蚊遣火の
TUTI000000610 煙もしろしあけぬ此夜は
TUTI003200611 <蓮>風ふけは浪に露ちる蓮葉の」3ウ

TUTI004900901 <駒迎>逢坂や行旅人のあつさ弓
TUTI000000902 けふや引覧霧原の駒
TUTI005000903 <月>秋の夜もやゝ深ぬらん山鳥の
TUTI000000904 おろのは(は+つ)ほにかゝる月かな
TUTI005100905 <擣衣>里とをき砧の音も夜さむにて
TUTI000000906 わか衣とや雁もなくらむ
TUTI005200907 <虫>きり/\す(す+す)きにし秋やしのふらむ
TUTI000000908 ふるき枕のしたになくなり
TUTI005300909 <菊>たれゆへにうつろはんとか初霜の
TUTI000000910 たはゝにをけるしら菊の花
TUTI005400911 <紅葉>おく山の千入の紅葉色そこき」5ウ
TUTI000001001 都の時雨いかゝふるらん
TUTI005501002 <九月尽>今日は又誰か夕暮の別そと
TUTI000001003 秋の名残の小鹿鳴なり
TUTI000001004 冬十五首
TUTI005601005 <初冬>もみち葉のふりかくしてし我宿の
TUTI000001006 道もまとはす冬は来にけり
TUTI005701007 <時雨>くれ竹の緑は時もかはらねは
TUTI000001008 しくれふりにし籬ともなし
TUTI005801009 <霜>立田山木葉もあたに散はてゝ
TUTI000001010 ゆふつけ鳥に霜はおくなり
TUTI005901011 <霰>をしなへて時雨しまてはつれなくて」6オ

TUTI000001501' <前にとかめし△心も恋ゝて人△△歟>
TUTI007601501 <会不逢恋>月草の花の心やうつるらん
TUTI000001502 きのふにもにぬ袖の色かな
TUTI007701503 <旅恋>物おもふ(ふ$へ)は田蓑の島の海士ころも
TUTI000001504 ぬるゝ習に浪やこゆらむ
TUTI007801505 <思恋>秋くれは蓬の宿の夕つゆも
TUTI000001506 おもひあれはや袖におくらん
TUTI007901507 <片思ー>伊勢島やみるめにまよふうつせ貝
TUTI000001508 あはてしほるゝ袖そかなしき
TUTI008001509 泪ちる袖に玉まく葛の葉に
TUTI000001510 秋風ふくととはゝこたへよ
TUTI000001511 雑二十首」8オ
TUTI008101601 <暁>片敷や涙の床にくらへても
TUTI000001602 あかつきしけき鴫のはねかき
TUTI008201603 <松>いく代とか岩根の小松秋をへて
TUTI000001604 あらしも露も色はかはらす
TUTI008301605 <竹>呉竹の夜わたる月の影そとも
TUTI000001606 葉分のかせやくもはらふらん
TUTI008401607 <苔>むかしたかすみけむあとのすて衣
TUTI000001608 岩ほのなかにこけそのこれる
TUTI000001609 石床留洞嵐鹿払玉葉桃林
TUTI000001610 鳥独啼桃李不云春華暮煙
TUTI000001611 霞無跡昔誰柳と云事候歟猶空」8ウ
TUTI000001701 めた反時之再誕歟涼気殊勝
TUTI008501702 <鶴>あしたつの翅に霜やさむからし
TUTI000001703 さ夜もなかはを恨てそなく
TUTI008601704 <山>岩か根にこりつむ山の椎柴は
TUTI000001705 色こそ見えね松風そふく
TUTI008701706 <川>駒とめて日のくま川にたゝすめは
TUTI000001707 都こひしき秋風そ吹
TUTI008801708 <野>武蔵のや山のはもなき月をみて
TUTI000001709 こよひは草の枕むすはん
TUTI008901710 <関>浦風に須磨の関戸や明ぬらん
TUTI000001711 あかつきまたて千鳥なくなり」9オ
TUTI009001801 <橋>をはたゝの宮のふる道いかならむ
TUTI000001802 絶にし後は夢のうき橋
TUTI009101803 <海路>かさゆひの島たちかくす夕霧に
TUTI000001804 いやとをさかるたなゝしをふね
TUTI009201805 <旅>かけろふのおのれとしける草のはを
TUTI000001806 かりにやむすふ秋のたひ人
TUTI009301807 <別>朝霧に淀のわたりを行舟の
TUTI000001808 しらぬわかれもかなしかりけり
TUTI009401809 <山家>ゆふくれは我すむ山の秋かせも
TUTI000001810 たれをともなく松に吹なり
TUTI009501811 <田家>いな筵をなし名残の庵なれや」9ウ
TUTI000001901 月を伏見のかたしきの袖
TUTI009601902 <懐旧>秋の色を送むかへて雲の上に
TUTI000001903 なれこし月も物わすれすな
TUTI000001904 されはこそ只事とは致せすゝつるものを
TUTI000001905 思出抜まいらせ候けり道理にて候
TUTI000001906 ける露顕之感涙千万行浅
TUTI000001907 猿きたはふれ事ともを書付
TUTI000001908 早う可被破失/\あかさりし月
TUTI000001909 もさこそはおもふらめふるき
TUTI000001910 涙もわすられぬ世を」10オ
TUTI009702001 <夢>烏羽玉のさためもゆめのあたなりと
TUTI000002002 いやはかなゝる袖のうへかな
TUTI009802003 <無常>春の花秋の紅葉のなさけたに
TUTI000002004 うき世とゝまる色そまれなる
TUTI009902005 <懐述>しつかなる心の中も久堅の
TUTI000002006 そらにくまなき月やしるらん
TUTI010002007 <祝言>天雲の雲ゐをさして行たつも
TUTI000002008 ゆくすゑとをく声そきこゆる」10ウ

T003「詠十五首和謌」(前田育徳会展示室 開館記念名宝展 1983年 石川県立美術館所収)
作品 歌頁行 12345678901234567890字
EIZY000000001 詠十五首和謌
EIZY000000002   民部卿定家
EIZY000000003  早春梅
EIZY000100004 かそへしるはるやいくかのまきの戸に
EIZY000000005 あくれはにほふ梅のはつ花
EIZY000000006  湖上霞
EIZY000200007 見るめなき浦といふ海はゆく舟に
EIZY000000008 春の霞の立名なりけり
EIZY000000009  潤三月花
EIZY000300010 くれて又かさなるはるのやへさくら
EIZY000000011 あかぬこゝろもかすまさりけり
EIZY000000012  夕卯花
EIZY000400013 つくるてふはつせをとめのゆふまくれ
EIZY000000014 かはなみたかくかくる卯花


inserted by FC2 system