201041日掲載

201041日更新

 

六条修理大夫集

六条修理大夫集(冷泉家時雨亭叢書第18巻 朝日新聞社 1997年8月)翻刻本文

 

六条修理大夫集」は藤原顕季(10551123)の私家集である。顕季は末茂流隆経男で、母は白河院乳母従二位親子。白河院の近臣として活躍し、正三位修理大夫に至った。歌人としては歌学家六条藤家の祖である。

「六条修理大夫集」はすべて同一祖本から分かれ出たものであるが、「堀河院百首」の有無によって二類に分けられる。

  (1)神宮文庫本系「六条修理大夫集」(375首 私家集大成中古Uの底本)

  (2)京都大学付属図書館蔵本「六条修理大夫集」(267首)

 

 冷泉家時雨亭文庫蔵本は、「堀河院百首」を掲載しない類の、京都大学付属図書館蔵本の親本。

 

《書誌・研究情報》

書名「六条修理大夫集」(外題)

綴方 綴葉装1帖

寸法 縦17.1 cm×横13.9cm

表紙 梅枝紋を茶染押し銀小切箔ちらし

見返し 本文共紙

外題 藤原定家筆「六条修理大夫集」(表紙中央やや左寄りに打付書)

料紙 楮打紙 全6括

第1括(7紙14丁、見返し1丁)第2括(1020丁)第3括(1122丁、上から2紙目3紙目左半分が落丁)第4括(9紙18丁)第5括(1020丁)第6括(1020丁、見返し1丁)計109丁、墨付け97丁。

本文 墨付1オから97ウ6行目まで 1面9〜11行書

書式 和歌は2行書き、詞書は2字下げ

筆者 藤原定家 外題「六条修理大夫集」、1丁表(「承暦四年殿上哥合」〜2丁ウ4行目「郁芳門院根合哥」)

   定家側近の人(2丁ウ5行目〜97ウ6行目)

本文系統 「堀河院百首」を掲載しない京都大学付属図書館蔵本の親本

集付 金(金葉集)7首(3・112263148153301

   詞(詞花集)1首(305

   新(新古今集)2首(37288

続(続後撰集)2首(5・168

 

《参考文献》

川上新一郎「六条修理大夫集解題」(『新編国歌大観』第3巻 角川書店 昭和60年5月)

田中登「六条修理大夫集解題」(『冷泉家時雨亭叢書』第18巻 朝日新聞社 1997年8月)

 

inserted by FC2 system