Last updated 1/5/2005
渋谷栄一(C)

実方集


「実方集」(一帖 天理図書館蔵) 天理図書館善本叢書影印
翻刻

研究史・参考文献
1967年(昭和42年)7月 呉文炳『定家殊芳』(吉田幸一「解題」)

研究情報
《吉田》「鎌倉時代初期写本。桝型本、一五・五×一三・七糎。胡蝶装。表紙は厚手の鳥の子紙に唐草模様葡萄色で染め出してある。表紙中央に書題簽「実方集」とあるは定家自筆。内題はない。本文料紙は厚手の鳥の子。第一折三枚、第に折二枚半、計十一丁。第一丁は白紙、墨付六丁、第八丁白紙、第九丁表には冷泉為条の証文、第十、第十一丁は白紙。一面九行書、和歌一首二行書、本文は定家一筆である。奥書はないが、第九丁にある別筆証文は、定家の後裔為条の筆で、
 這実方集墨付六枚全部
 一冊定家卿正筆無疑者也
 依所望証之畢
  延宝四年
      十一月仲旬 前中納言
                為条(花押)
とある。為条は権大納言為満の孫、為賢(藤谷家の祖)の男、延宝八年九月薨、六十一歳。」(吉田幸一『定家殊芳』「解題」55〜56頁)
inserted by FC2 system